女性用育毛剤徹底比較 育毛剤の選び方のポイントは効果と成分

女性用育毛剤の効果とは?3つのポイント紹介

若返って見える

女性はいくつになっても見た目の美しさを大切にしたいものですよね。
しかし、年齢を重ねるにつれてお肌や髪の毛のボリュームが気になり始めます。
オシャレをしたくても、自然と派手な服からは遠ざかり、極力無難なものを選んでしまいがちです。

学生時代は特にケアをしていなかったという方でも、仕事のストレスから頭皮が固くなってしまうと、自分の知らないうちに髪の毛のボリュームが気になるようになってきます。
特に、同じ世代の方と出会ったとき、明らかに自分の方が老けて見えたら、やっぱりいい気はしないものです。
しかも、あからさまなフォローを受けてしまうと、ショックを隠さずにはいられないはずです。

女性用育毛剤を使うことを考える方の動機として、周囲の目と自分のイメージとのギャップに悩んでしまうケースは、決して少なくないのです。
事実、育毛剤を使うようになってから、髪の毛が伸びるのが早くなったように感じたという方も。
目立たないうちに髪の毛の量が元通りになれば、周りに気を遣うことなく毎日を楽しめますね。

髪型が自由に選べるようになる

女性用育毛剤を使用することを決断する理由の一つに「抜け毛」があります。
男性の場合、女性と比べて短髪にしている方が多いですから、抜け毛に気付く多くの場合は生え際・頭頂部の薄さを鏡で確認したり、人に指摘されて気付いたりするケースが多数です。

これに対して女性の場合は、もともと髪の毛を長く伸ばしている方が多いことから、シャワー・お風呂の時間に髪を洗っていて、ごっそりと抜け毛が排水溝に溜まっているのを見て気付く場合が多いようです。
寝室や洗面所に長い髪の毛が見つかり、それが自分のものであることに気付いて愕然とした方もいるのではないでしょうか。

このように、比較的自分で「薄毛なのかもしれない」と気付く場面は女性の方が多いかもしれませんが、逆にそれは対策を早く立てられるチャンスなのです。
抜け毛に気付いた段階で女性用育毛剤を使っていれば、早い段階で頭皮や髪を回復させられる可能性が高まります。

髪を自由にスタイリングできる自由は、女性の美しさを保つためにも大切です。
あなたらしく生きるために、育毛剤を使うと言っても決して大げさではありません。

人目を気にせずおしゃれを楽しめる

「ひょっとしたら私、薄毛かもしれない……。」

自分で気付いてしまったら、本当にショックですよね。

周りが何も言わなくても、自分ではどこが薄いかおぼろげに分かっているので、何となく外出したり人と話したりするのがおっくうになってしまいます。
中には、パートナーとの会話にさえ支障をきたすことも。
せっかく愛し合って二人で暮らすことになったのに、髪型の問題で相手に気を遣わせてしまうのは嫌ですよね。

もし、この段階で女性用育毛剤を使う決意をしたら、事態は少し良い方向へと動くかもしれません。

毎日定期的に髪の毛のケアをすることで、かつての毛髪を取り戻せたら、外に出ることが楽しくなります。
出会う相手にも、パートナーにも、気兼ねすることなく一緒の時間を楽しめます。
何より、自分自身が人の目を気にしなくてもよくなります。

年齢だからとあきらめることなく、自分の理想の美しさを追う姿は、きっと同じことに悩む多くの人に勇気を与えてくれることでしょう。

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違いはあるの?比較してみた

薄毛の問題は、男性と女性とで少し傾向が違います。
それに伴い、育毛剤も性別によっていくつかの違いがあります。
それでは、女性用育毛剤と男性用育毛剤には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
また、女性が男性用育毛剤を使うと、より効果があらわれるのでしょうか。

結論から言えば、やはり女性は女性用・男性は男性用の育毛剤を使った方が、効果が出やすいのは否めません。
その理由は、配合成分に違いがあるからです。

男性の脱毛傾向としては、主に額の生え際・頭頂部といったパーツごとに薄毛になっていくという特徴があります。
髪の本数で言えば、まとまった数がなくなっていき、最終的に毛がなくなっていくという流れです。

男性ホルモンの作用によって、男性は皮脂の分泌が多くなり、フケ・かゆみといった症状を引き起こします。
そのため、男性用育毛剤には主に皮脂分解成分・抗菌成分・清涼剤・男性ホルモン抑制作用・血行促進剤といった、直接的な効果が期待できる成分が含まれているのです。

これに対して女性の場合は、全体的に毛髪のボリュームが減っていき、薄い毛だけが残っていくことで薄毛になります。
主に女性ホルモンの影響を受けて薄毛傾向が進んでいくのですが、女性の場合はそれ以外にも複数の理由がからんでいます。

代表的なものがダイエットです。
多くの女性にとってダイエットは大きな問題の一つですが、極端に食事の量を減らすようなダイエットは、体内の栄養バランスを崩してしまうため、内臓などに比べると生命維持の面で重要度が低い毛髪は後回しになってしまうことがあります。
その結果、毛髪に十分な栄養が届かず、薄毛・抜け毛といった症状につながってしまうのです。

そのため、女性用育毛剤に含まれている成分には、栄養成分・保湿成分・イソフラボンといった刺激の少ない成分が配合されています。
特に、天然成分を幅広く配合した商品が人気です。
無香料タイプのものも多く、いわゆる「育毛剤の臭い」を気にせずに使えるというメリットもあります。

ただ、例えば女性用育毛剤を男性が使うこと自体が禁じられているわけではありませんから、自分の薄毛の原因がストレスだと感じている男性なら、これ以上のダメージを抑える予防の意味で使用しても差し支えありません。
まずは、自分の脱毛の原因を知ることが大切です。

安全に使える女性用育毛剤の条件とは

育毛剤は毎日使うものですから、身体に安全な女性用育毛剤を選びたいですよね。
身体に負担の少ない、安全な女性用育毛剤を選ぶには、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。

もっとも重要なことは、身体にとって不自然・余計な成分が含まれていない育毛剤を選ぶことです。
具体的には、できる限り以下のような成分が含まれていないものを意識して探してみましょう。

・香料
・着色料
・鉱物油
・パラベン
・石油系界面活性剤
・タール色素
・紫外線吸収剤
・合成ポリマー
・動物性原料
・酸化防止剤
・シリコン
・防腐剤
・アルコール
・殺菌成分
・キレート剤
・ホルモン
・ラノリン
・アミン系化合物

数ある商品の中から、これら全てが無添加である商品を選ぶのは難しいですが、少なくとも上記のうち8~10種類以上が無添加とされているものを選びたいところです。

なぜ、これらの成分が無添加のものを選ぶべきなのでしょうか。
あえて一言で言えば「頭皮への刺激を減らす」ためです。

自然な流れで育毛をケアするのであれば、あくまでも身体にとって差し支えない成分だけを、しっかりと長期間染み込ませることが大切になります。

次に、製造過程での安全性です。
販売会社によっては、有効成分や品質については触れていても、実際にどのような環境で製造しているのかについては触れていないところも少なくありません。
しかし、自分の身体に直接塗布するものですから、重度のアレルギーなどをお持ちの方にとっては、気にせずにはいられないところでしょう。

育毛剤によっては、GMP基準(Good Manufacturing Practice)と呼ばれるガイドラインに沿って作業工程を管理して製造されているものもあります。
また、海外ではなく国内の工場で製造されていることも、大きな安心につながります。

頭皮に直接塗布する育毛剤は、食品と同じくらいの安全性を求めても、決して神経質ではありません。
後悔のないよう、納得できるものを選んでくださいね。

20代女性に勧めたい育毛剤ランキング

20代から薄毛対策を行うケースは、他の年代に比べると少ないと思われる方もいるかもしれませんが、出産を機に薄毛が目立つようになってしまうことも珍しくありません。
しかし、20代では女性ホルモンの分泌量が急激に減少することはほとんどありませんから、あくまでも一時的な要因が関係しているものと思われます。

具体的には、以下のような可能性が考えられます。

・ホルモンバランスの一時的な乱れ
・血行不良
・貧血(栄養不足)
・頭皮の乾燥
・ストレス
・睡眠不足
・ダイエット
・皮脂分泌
・カラーリング

これらを言い換えれば「具体的な原因を特定しにくい」というのが、20代女性の薄毛に見られる特徴かもしれません。
婦人科・皮膚科などに足を運んでも、血液検査をしても、特に異常なしと診断されることは珍しくないのです。

一つひとつの要因をつぶしていき育毛剤を探すのは、思いのほかストレスがかかります。
なぜなら、医師でさえ原因が特定できない場合もあり、そもそも周囲の人も20代という年齢からあまり深刻に考えていないため、親身に相談に乗ってくれる人が少ないという側面もあります。
どんどん自分一人で堂々巡りになり、家族にさえ頼れず、結果的に自分を追い詰めて状況を悪化させてしまうことさえあるのです。

薄毛の原因が一つに絞れないということは、当然対策を絞ることができません。
そのため、総合力を持つ女性用育毛剤を選ぶ必要があります。
具体的には、栄養を頭皮に届け、髪の保湿ができ、さらには頭皮の血行を促進してくれるものを探さなければなりません。

しかし、逆に考えれば、その分一つの成分に特化したものを避け、幅広い層に人気の商品を選べば一定の効果が期待できるとも言えます。
よって、より身体に優しいもの、使いやすそうなものを選べば、自ずと答えは見えてくるでしょう。

他に特筆すべきは「予算」の問題です。

20代であれば、経済的にも自立できないケースは珍しくありません。
そうなってくると、どうしても予算の面でも安心できる商品を選びたくなります。
しかし、女性用育毛剤の多くはそれなりの定価で販売されているため、なかなか定期的に購入するのは難しいかもしれません。

そこで、予算面でも買い手のニーズに応えている商品を選ぶことが重要になります。
具体的には、初回特典や返金保証があるもの、特典があるものを選ぶことが大切です。
また、返金保証については長い期間を見ている商品もあり、例えば半年まで期間を切っている商品であれば、経過を見ながら今後も使うかどうかを決められます。

これらの要素を総合的に判断することが、20代の女性用育毛剤選びには求められると言えるでしょう。

30代女性に勧めたい育毛剤ランキング

30代は、大人の女性にとって、仕事・プライべートともに責任を担う立場になることもあり、いろいろと難しいことが増える年代です
ある意味では、本格的に自分の容姿が気になる年代とも言えるでしょう。

髪の毛についても同様で、20代のころは目立たなかったことが、次第に目立つようになってきます。
実際に髪が細くなったように感じたり、スタイリングに不満を感じ始めたりするのもこのころです。
人によっては、生え際の地肌が透けて目立つようになってきます。

他には、頭皮の脂っぽさを感じたり、頭皮の臭いが気になったりと、高齢になってから悩むものと思っていたことが、30代という若い年代から目立つようになることで、不安を感じる方もいるようです。

幸いなのは、20代のころに比べると、原因を特定しやすいことです。
具体的には、その薄毛が「生活習慣・ストレスなどによるもの」なのか「加齢によるもの」なのかによって、使うべき育毛剤が変わってきます。

まず、年齢というよりは生活習慣の乱れや強いストレスによって頭皮環境に悪影響が及んでいる場合は、頭皮のダメージをケアするタイプの育毛剤を選ぶ必要があります。
具体的には、血行促進・保湿成分が配合され、極力頭皮に強い刺激を与えないタイプの育毛剤を使うべきでしょう。
ある意味では、20代が選ぶべき育毛剤が該当するかもしれません。

30代になってから管理職を経験し、心労に悩まされることで、そのストレスから毛髪のボリュームが減ってしまうケースは珍しくありません。
仕事が面白くなってきたころから、だんだん自分の思うようにいかないことが増えることで、具体的なストレスとして症状にあらわれるのです。

これに対して、加齢が原因の方は、単純に血行促進などの効果がある育毛剤よりも、髪の毛の元となる細胞を活性化させる成分が含まれているものが適しています。
具体的には、女性ホルモンに似た働きをする成分(イソフラボンなど)や、男性ホルモンの影響をブロックしてくれる成分を含むものが該当します。

ただ、30代は本当に加齢が原因で脱毛が促進されているのかどうかを判断するには微妙な年代です。
女性の一生を考えれば、確かに女性は30代をピークに女性ホルモンの分泌量は減少を始めますが、大きく減少するのは40代からと言われています。
また、薄毛の一因とされる男性ホルモンの数量は、女性の場合は一生を通じて大きな変動はなく、ゆるやかに減少していきますから、少なくとも30代前半では大きな影響を及ぼさないものと考えられます。

まずは、頭皮環境をケアするタイプの育毛剤を試し、それで十分な効果が出なかった場合に、より効果の強いものを選んだ方が良いでしょう。

40代女性に勧めたい育毛剤ランキング

40代は、おそらく多くの女性が薄毛を気にする年代と言えます。
30代ではまだ薄毛というほどではなかったけど……という方も、40代に差し掛かると、鏡ではっきりと頭皮が見えるようになり、驚きを隠せないという方も少なくありません。
今まであまり気にしていなかったという方も要注意です。

40代になって薄毛が目立つようになる理由の一つに、女性ホルモンの減少幅が大きくなることが挙げられます。
更年期などの症状が見られるのも、40代後半~50代前半と言われており、もともと身体に不調を感じやすい年代とも言えるのです。

女性ホルモンが減少することによって、女性の髪の毛にはどのような影響が考えられるのでしょうか。
薄毛の研究で認知されている予防医学のアンファーによると「1つの毛穴から生える髪の毛の本数が減ったり、髪が細くなったりして、薄毛になっていく」と解説されています。

女性ホルモンの増加は28歳までがピークと言われており、そこから徐々に減少を始めます。
そして、40代から具体的にその影響が身体にあらわれ始めるため、髪の毛にもケアが必要になってくるというわけです。

薄毛の原因はそれだけではありません。
日常的に使用しているシャンプーなどにも、一因がある場合があります。
今までは問題なく使用できていたはずなのに、40代になってから頭皮がベタベタしたり、フケが大量に出たりという症状に悩まされる方も少なくありません。

これは脂漏性脱毛症などと呼ばれ、シャンプーを使うことで頭皮にダメージがかかり起こります。
もし、症状がひどい場合、医師への相談のもと、シャンプーを変更したり育毛剤を使用したりする必要があるでしょう。

他には、40代で妊娠・出産したことで、身体の回復が間に合わずに栄養が内臓などの重要な器官へと回され、その分薄毛が進行するといった場合もあります。

上記を踏まえたうえで、40代が使用すべき育毛剤はどのようなものなのか考えてみましょう。

まずは、血行促進成分・保湿成分といった基本的な成分は、確実に含まれているものを選ぶべきです。
栄養の取捨選択が身体の中で行われている場合、髪は後回しにされがちです。
そのため、きちんと頭皮や髪に栄養を行き届かせることが大切です。

次に、イソフラボン・サポニンといった、女性ホルモンを補う成分を配合しているものを選びます。
女性ホルモンそのものを育毛剤には配合できないため、このような成分を積極的に補えるよう心がけましょう。

また、現代では多くの女性用育毛剤では用いられていませんが、アルコールは刺激が強いため、極力配合されていないものを選びたいところです。

50代女性に勧めたい育毛剤ランキング

50代は、女性として一つの区切りを迎える世代です。
更年期の中盤・後半に差し掛かる時期であり、閉経を迎えることから、今まで積極的に身体の中で働いてきてくれた女性ホルモンが少なくなっていきます。

女性ホルモンの働きの一つに、活性酸素の抑制効果が挙げられますが、女性ホルモンの数が減少することによってその効果も衰えていきます。
すると、抗酸化物質として体内のアミノ酸が消費されていき、身体全体で重要度が低いと判断された部位には十分な栄養が行き渡りません。

さらに言えば、50代で直面する問題は、薄毛の問題だけではありません。
50代のおよそ9割の方は白髪があり、加齢による色落ちは避けられません。
しかし、あまりにも白髪になるスピードが早いと、髪の毛のボリュームがより一層薄く感じられます。

そのため、白髪染めシャンプーと育毛剤との併用を考えることも珍しくありません。

ここで重要なのは、白髪染めシャンプーと育毛剤を使用することで、頭皮環境にどのような影響を及ぼすのかということです。
よくよく成分をチェックして購入しなければ、お互いに成分同士が阻害し合い、かえって効果が薄くなってしまう可能性もあります。
医師に相談した際には、まずはその点についてきちんと確認しなければなりません。

このように、50代になると薄毛だけでなく白髪の問題にも直面するため、どのようなケアをどれだけ続けるべきか迷ってしまいます。
しかし、そのような方にとっても、育毛剤が効果を発揮する場合があるのです。

女性用育毛剤は、男性用のそれに比べると、頭皮に優しい自然由来の成分で構成されていることが多いのが特徴です。
そして、全ての人に言えることではありませんが、自分に合った育毛剤を使い続けることで、髪の毛の色にさえ影響を及ぼしている例も少なくないのです。

また、髪の栄養面でも重要な「アミノ酸」が配合されている育毛剤もあり、海藻なども含めると実にさまざまな成分が含まれていることに驚きます。

このような有効成分が頭皮の血行を改善し、メラノサイトと呼ばれる毛髪の色素細胞に働きかけ、結果的に色素の生成が活性化する可能性があります。
ただし、加齢が原因で白髪になっている場合は、そもそもメラノサイトの働き自体が死んでしまっているため、そのような効果は期待できないでしょう。

まとめると「加齢が原因の白髪でなければ、育毛剤の塗布により改善する可能性がある」ということが言えるのです。
薄毛にお悩みの方は、将来的にやってくる白髪対策としても、早めの育毛剤利用を検討した方がよいかもしれませんね。